風俗 デリヘル

初恋の思い出について

初恋、ときくと恐らく、ほとんどの人の胸には、甘くてややほろ苦い想いが蘇ってくるのではないでしょうか。
私もその例外ではありません。中学校の入学式の日、同級生のある男子を見た瞬間胸がときめいて、その瞬間から彼のことで頭がいっぱいになってしまいました。
小学校のときには感じたことのなかった異性への感情にとまどいながらも、彼に会えると思うと毎日学校に行くのが楽しみになりました。
気さくな性格だった彼は大人しい性格だった私にも気軽に話しかけてくれ、彼と話すときは照れて顔が赤くならないように必死になっていました。
一年間同級生として過ごす中で彼への思いが膨らんでいき、クラス替えも迫った2月のバレンタインデーに、同級生の女子と一緒に彼にチョコレートを渡しました。
お礼を言ってくれながらもとまどったような態度だった彼の真意が当時はよく分からなかったのですが、大人になったいまでは良くわかります。
初恋は実ることはありませんでしたが、この先も13歳だった初恋のことを思い出すたびに、懐かしさと共に甘くてややほろ苦い想いが蘇ってくるのだろうなと思います。